ロジスティクス

労働生産性という言葉が有ります。これは一人当たりの労働者の生産能力を評価するものですが我が国はOECD、先進20か国でも低い水準にあります。つまり毎日繰り返すような単純作業、利益を生まないような作業に人手を多く割いているということなのです。私たちはこの繰り返す単純業務を機械化していくことで少しでも効率的な労働環境を提供できないものかと考えました。

特に建屋内の物流は、頻繁な移動、まとまった重量物の運搬で、人が繰り返すには非常にハードな作業です。しかもその作業はほとんど何も生み出すものがないという状態です。

私たちのロジスティクス製品はそうした課題に取り組む1つのツールになるものです。