病院搬送システムの歴史

気送管1号機 1980~1990年頃には伝票を搬送するために複管式の気送管システム(※豆知識1)が導入されました。気送管は気送子と呼ばれるカプセルに物を入れて、送風機(ブロワー)の吸引力で管路(専用のパイプ)内をカプセル搬送するものです。複管式とは送信専用の管路と受信専用の管路を設けるもので、連続して送信が出来る優れものです。管路は75Φと110Φの径が多く導入されました。75Φ型は伝票専用となり、110Φ型ではカルテも搬送されています。欠点は毎秒7~8mの速度で搬送し、その勢いを保持したまま受信(着信)しますので、衝撃が大きいということです。しかし、搬送するものは伝票やカルテという紙ですから、音の問題はあるものの、搬送物に対する衝撃は問題になりませんでした。

 1990~2000年頃にはカルテ搬送が主流になります。各診療科毎に保管していたカルテを中央で一括保管する傾向が強まりました。これは、複数の診療科を受診される患者の情報(例えば薬の処方内容)を病院内全体で管理することにより、薬の二重投与を防止したり、他科で診断されている症状を確認したりといった安全面で有効であることがその理由です。また、カルテを保管するうえで、専門職が中央で一括管理した方が、分散管理するよりも合理的であるという観点からも、多くの病院でカルテの中央化が推進されたのです。しかし良いことばかりではありません。医師も患者も診察室でスタンバイしているにも関わらず、カルテが現場に到着していないので診察が出来ないという事態が発生してしまいます。そこで威力を発揮したのが搬送システムです。自走台車やカルテコンベアといった搬送システムが導入されました。また、リニアモータを利用した高速なシステムも導入されるようになり、まさにカルテ搬送全盛の時代でした。
 一方、病棟での薬剤や診療材料を一括して搬送するには、自走台車やリニアモータでは容量的に足りないことから、ダムウェーター(※豆知識2)や中型搬送システム大型搬送システムも導入されました。つまり、外来系は自走台車でカルテやX線フィルムの自動搬送を利用し、病棟系は中型搬送や大型搬送で薬剤や診療材料を自動搬送するという適材適所型の導入事例が多くなります。

 2001年厚生労働省が策定した「保健医療分野の情報化に向けてのグランドデザイン」と補助金制度が後押しして、電子カルテの導入が盛んになり、カルテを搬送する計画そのものが減少傾向になりました。電子カルテそのものの導入率はなかなか当初考えられていたほどには上がらないものの、病院内の機械搬送の主な対象物は薬剤と診療材料そして検体となってきました。

 ここで問題です。2007年現在において、最も計画されている病院内の搬送システムは次のうちどれでしょう。

  1. 気送管システム
  2. 自走台車システム
  3. リニア式高速搬送システム
  4. 中型搬送システム
  5. 大型搬送システム

 正解は1.の気送管システムです。なんと131年前に発明されたシステムが今も現役なのです。しかもその傾向は日本のみならず、欧米も同様です。速くて安価、まさにファストフードです。しかし、昔の気送管が75Φや110Φが主流であったのに対し、現在の気送管は管路の径が150~154Φが主流で、薬剤や検体を高速に安全に搬送ができるように改良されています。
 欧米では154Φが主流です。日本では管路外径が150Φを超える場合には防火扉の設置が法的に指導されていることから、最近では管路外径は150Φ以下にしています。
 ここで欧米事情を概観してみましょう。実は欧米における気送管システムは、日本以上に非常に幅広く導入されている搬送システムなのです。例えば大型スーパーのレジには現金を金庫に定期的に搬送する気送管システムが導入されています。強盗からお金を守ることは勿論ですが、店員からもお金を守るという観点からだそうで、日本では文化的に馴染まないというか、理解しにくいです。このように、欧米には需要と供給のバランスから気送管システムを販売するメーカーがいっぱいあります。管路径も30Φから400Φくらいまで用意されています。気送子にタイヤを装着するものまであるのですから、気送管一つとっても非常に奥の深い搬送システムです。

豆知識1:気送管

 1876年ドイツのシーメンス社が納めたベルリン中央郵便局のものが世界初の気送管システムと言われています。概略の図面は現在も弊社の書庫にあります。複雑怪奇な機器で構成されており、残念ながら復元は出来そうもありません。しかし、弊社はシーメンスの血を受け継ぐ会社として、総合カタログには当時の絵を採用しております。

→気送管システム

豆知識2:ダムウェーター

 2000年6月の建築基準法改正により、「ダムウェーター」(ダムウエーター)の名称が改められ、「小荷物専用昇降機」となりました。
 弊社におきましても、今後は「ダムウェーター」(ダムウエーター)の名称は使用せず、対象製品を「小荷物専用昇降機」と致します。

→中型搬送システム

HOMEページTOP